記憶喪失男拾いました ~フェロモン探偵受難の日々~感想

2016/12/12
51bjsAt3sVL.jpg



記憶喪失男拾いました ~フェロモン探偵受難の日々~ (講談社X文庫)2014/3/4
著作:丸木 文華、
イラスト:相葉 キョウコ

2017年現在3巻まで出ているフェロモン探偵シーリーズの第1弾

コメディ度★★★★
エロ度★★★★★
推理度★★★★

内容(「BOOK」データベースより)

絵を描けば数千万で売れ、琴の腕も師範以上。なのにゆるい探偵稼業の夏川映は、無自覚な色気が妙な男と事件を引き寄せまくってしまう超トラブル体質。その雪の日も、倒れていた記憶喪失の男を拾ってしまう。男前だがヘンな言動をする彼を面白がり、よせばいいのに助手に採用。しかしその過剰な色気はノーマルなはずの記憶喪失男にも強烈に作用して…!?謎の男前と美形探偵のエロスMAXコメディ!


イケメン!探偵!激エロsex!!

と3拍子揃った最高の名作だと思います。
丸木先生の作品の中でもコメディ色が強く、
かなり明るい雰囲気の作品です。
BLとしてのストーリーだけでなく、探偵・推理ものとしても
しっかり書かれているのでとても楽しめます。

内容も「BOOK」データベースが嘘偽りなく伝えてくれていると思います。笑

主人公の映が27歳、雪也が33歳と大人の二人なので
とにかくsex内容が過激で最高です。
雪也の攻めのすごさは多分過去の丸木先生作品の攻め様ランキング(すのま調べ)でも
一位とっていいぐらいすごいです。

主人公の映がある雪の日に事務所の前に倒れていた記憶喪失の男(のちの雪也)を
見つけるところからストーリーが始まります。
なぜ映の事務所の前に倒れていたのか、この男は一体何者なのか…


以下ネタバレ含むあらすじ・感想です。
スポンサーサイト
comment (0) @ 丸木文華作品